店舗のご案内

店舗のご案内

伝統の味を常に変わらぬ心を込めて

高岡の地は越中国の国府が置かれた所で、746年に国司として大伴家持が赴任し、
在任した五年間にとても多くの秀歌を残し、“万葉の里”と呼ばれる由来となっています。

近世、高岡の地は関野(志貴野)と呼ばれる荒涼とした原野でしたが、
慶長十五年、前田利長が退隠の地としてここを選び、城下町を築いて今日の隆盛をみるにいたりました。
「高岡」の地名は、『詩経』の一節「鳳凰鳴矣于彼高岡(鳳凰鳴けり彼の高き岡に)」に由来し、
前田利長が築城と開町に際して名づけた瑞祥地名です。

そんな歴史都市高岡の地に、不破福寿堂は1889年に創業。
明治維新で士族が没落していく中、武家だった不破家は高岡町奉行をしていた高岡に移り住み、
和菓子職人を養子に迎えて以降、130有余年、代々鹿の子餅を製造して参りました。

当家の鹿の子餅は加賀藩の重要産物、加賀羽二重の絹のやわらかい肌の趣を取り入れ、
なめらかな純白の餅の中に蜜漬けにした金時豆をあしらい、やわらかな中にも角がすっきり出て、
コシのある歯ざわりが特徴に仕立て上げてございます。
越中銘菓 不破福寿堂鹿の子餅はすこぶる口当たりよく、その淡泊で高雅な風味は他品の追随を許さないものです。
末永くご賞味の程をお願い申しあげます

交通アクセス

  • 能越自動車道 高岡ICから車で約10分
  • 北陸自動車道 小杉ICから車で約15分
  • JR高岡駅 南口から南へ約900m(瑞龍寺方面)
  • 北陸新幹線新高岡駅 北口から北へ約800m

越中銘菓 鹿の子餅本舗 不破福寿堂

〒933-0874 富山県高岡市京田140-1
TEL.0766-25-0028 FAX.0766-25-0497
営業時間 9:00~19:00
定休日 火曜日
駐車場 6台

お取り扱い店舗

※販売店によってはお取り扱いのない商品もございます。
 詳しくは京田本店(0766-25-0028)までお問い合わせくださいませ。
※当社の鹿の子餅は、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、生協では取り扱いしておりません。

富山県(高岡市)
JR新高岡駅 おみやげ処 高岡 0766-24-6142
CurunTAKAOKA(高岡ステーションビル)2F 銘店くるん内 0766-22-7728
高岡地域地場産業センター 0766-25-8283
イオン高岡店(江尻) 銘店街 0766-25-6909
イオン高岡南店(下伏間江) 0766-32-0248
富山県(富山市)
JR富山駅 おみやげ処 富山 076-443-5855
CiCビル いきいきKAN 1F 076-444-7139
アピタ富山店 076-495-3311
富山県(射水市)
アルプラザ小杉 銘店街 0766-57-8108
東京都
玉川タカシマヤ B1F 銘菓百選
(販売日限定/お求めの際は売り場までお問い合わせください)
03-3709-3111
日本橋タカシマヤ B1F 銘菓百選
(販売日限定/お求めの際は売り場までお問い合わせください)
03-3211-4111
新宿タカシマヤ B1F 銘菓百選
(販売日限定/お求めの際は売り場までお問い合わせください)
03-5361-1111
アンテナショップ 有楽町店
東京交通会館 B1F 「いきいき富山館」内
03-3213-1244
アンテナショップ 日本橋店
日本橋大栄ビル1F 「日本橋とやま館」内
(販売日限定/お求めの際は売り場までお問い合わせください)
03-3516-3020
千葉県
柏タカシマヤ 1F 銘菓百選
(販売日限定/お求めの際は売り場までお問い合わせください)
04-7144-1111
神奈川県
横浜タカシマヤ B1F 銘菓百選
(販売日限定/お求めの際は売り場までお問い合わせください)
045-311-5111
港南台タカシマヤ B1F 銘菓百選
(販売日限定/お求めの際は売り場までお問い合わせください)
045-833-2211
カタログ・インターネット
松美堂(叙勲・褒章菓子)
(商品に関するお問い合わせ、カタログの請求などは松美堂までお願いします)
ウェブサイト

不破福寿堂のあゆみ

明治維新により禄を離れた不破家は、高岡町奉行をしていた当地高岡に移り住み、初代となる春吉を養子に迎え、明治22年に「不破福寿堂」を創業しました。

明治25年
銘菓「鹿の子餅」を考案し発売する。
明治40年
末広町に出店する。
昭和5年
二代目 不破重春 家業を継ぐ。
昭和27年
三代目 不破晄 が家業を継ぐ。
昭和35年
有限会社 不破福寿堂を設立する。
不破湛に鹿の子餅の製造方法を教え、「富山不破福寿堂」として独立自主営業させる。
昭和56年
四代目 不破崇之 が社長に就任する。
平成1年
不破福寿堂創業100周年をむかえる。
平成6年
株式会社に組織を変更する。
平成12年
高岡市京田に本店を移転する。
平成17年
東京新宿中村屋黒光庵にて修行を経た長男 亮太郎が不破福寿堂入社。
平成26年
不破崇之 代表取締役会長、不破亮太郎 代表取締役社長にそれぞれ就任。